スタッフブログ

これまでになく、ぐっすり眠れました。

2013年06月12日

本格的にテニスをされていて、ハツラツと若々しい40代女性のOさん。

  • 昔から1日3時間ぐらいしか眠れない
  • 1年ほど前から耳鳴りがする
  • 物心ついた時からの首・肩こり

など、他にもカルテには様々な症状に「○」印がしてありました。

 

初回は、

  1. 交感神経と副交感神経のバランスを整える自律神経系の調整
  2. 脳や脊髄の栄養分である脳脊髄液の循環をよくするブロッキング
  3. 呼吸と共に微妙に動いている頭蓋骨のリズムの正常化

3本柱で施術しました。

 

どれも非常にソフトなタッチで行われ、患者さんには軽く眼を閉じてもらい、

リラックスして頂くのが基本です。施術中、施術後は、寝てしまう方も多いです。

 

しかし、初回のOさんは、施術中は眼を時々開けてしまう、施術後はギンギンに目が冴えている、

という感じで、「ん~、これは少し時間が掛かるかな」という印象でした。

 

ところが、3日後に2回目で来院されたOさんに伺うと、

「初回の日以降、これまでになく、ぐっすり眠れている!」と、

思いがけず嬉しい感想を頂きました。

 

その後、計6回で検査は陰性となり、1ヶ月ほど期間を開けてメンテナンスにいらっしゃいました。

この1ヶ月間もよく眠れ、耳鳴りもほとんど気にならない、ということでした。

お腹と首を温めること、足首の運動、腰が痛いときのストレッチなどをお伝えして、

1ヶ月に1回程度のメンテナンスをおススメしました。

 

Oさんからフランスパンの差し入れを頂きました。

フランスパン」

外はカリッ、中はモチッ、と絶妙な歯ごたえで、 パン好きな私にはたまりませ~ん。

一気に全部頂いちゃうところでしたが、 半分は明日のお楽しみにとっておきます。

 

Oさん、ありがとうございました。

テニス頑張ってください。

いい呼吸しましょう。

2013年02月15日

3ヶ月ほど前からめまいや動悸に悩んでいた50代女性の方。

ある出来事があり、強いストレスがかかった後から起こり始めたとのこと。
初回、玄関を入ってこられた際は、緊張もされていたせいか、
うつむき加減で不安そうに入ってこられました。

自律神経の調整、頭蓋骨調整を行いながら、患者さんの様子を見ていると、
かなり息が浅い感じでしたので、ストレスや緊張を緩和する副交感神経を
優位にするために、お腹で大きくゆっくり呼吸して頂きながら
施術を進めました。

そして、ブロックを入れている最中も、仙骨に手をあて、
患者さんの呼吸と合わせるように、
「脳脊髄液よ流れろ!」と思いながら、
軽い力で仙骨の動きを誘導しました。
お帰りの際は、少し笑顔を見せて、帰られました。

2回目の施術の際、玄関を開けて、
「こんにちは」と、明るく入ってこられました。
「めまいや動悸はあるのですが、なぜか落ち着いてます」とのこと。
呼吸もゆったりとして良い感じです。

3回目、4回目と進んでいくと、だいぶ「本性(?)」が現れてきて、
よく話されるようになってきました。
昔、商売をされていたので、自営業者としての心構えなど、
為になる話を聞かせて頂きました。

7回目を終える頃には、めまいや動悸もほぼ起こらなくなったとのことでした。

深呼吸

「呼吸を整えてから施術する」(自分も患者さんも)
通っていた学校で一番最初に習ったことです。

予約の時間を守ろうと急いで来られる方も多いです。
でも、呼吸が整うまで待ってから施術に入ることを心掛けています。

当たり前のことで、あまり意識しませんが、呼吸って大事なんですよね。


1 2